ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月02日 13時26分 公開

アスクル岩田社長が退任 「立場にしがみつくつもりはない。全て終わり」

アスクルが定時株主総会を開催。筆頭株主のヤフーと第2位株主のプラスが再任に反対の議決権を事前に行使したため、岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の退任が決まった。岩田社長は株主総会の終了後に記者会見を開き、心境を語った。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 アスクルは8月2日、都内で定時株主総会を開いた。取締役10人の選任議案が付議された結果、約45%の株式を持つ筆頭株主のヤフーと、約11%の株式を持つ第2位株主のプラスが、岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対の議決権を事前に行使したため、株主総会の終了をもって4人は退任した。他の社内・社外取締役は再任が決まった。

photo アスクルの岩田彰一郎社長が退任

 岩田社長は株主総会の終了後に記者会見を開き、「再任が否決されたことは不本意であり、遺憾だが、総会の決議であるため厳粛に受け止めて、本日をもって経営から退く」と明言。「新しい経営陣は、大株主からのプレッシャーと戦わなければならないが、少数株主や従業員、取引先の顔を思い出して行動してほしい」と語った。

 今後については「立場にしがみつくつもりはない。アスクル経営陣との関わりは全て終わり。今後は少数株主として、アスクルという会社自体に危ないことが起きないよう、外から注視していきたい」(岩田社長)と説明した。

 アスクルは2日午後1時現在、再任した取締役による取締役会を開き、新社長を含めた新しい経営体制を議論している段階だ。

photo アスクルの株式総会の会場

 ただ同社はこれまで、独立社外取締役の監督のもとで指名報酬委員会を選定し、同委員会での答申を通して経営体制を決めるプロセスを採ってきた。今回は2社の議決権行使によって独立社外取締役が退任したため、「プロセスそのものから議論している」(広報担当者)という。

 アスクルの広報担当者は、今後について「2日中に新体制を決め、決まり次第適時開示を行う予定だ」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.