ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年08月09日 06時48分 公開

GoogleマップのARナビ「Live View」がβになり、iOSでも利用可能に

AndroidおよびiOS版「Googleマップ」に、ARナビゲーション機能「Live View」がβ版として追加された。カメラに映したリアルな周囲の風景の矢印などを見ながら目的地までたどり着ける。「ARCore」あるいは「ARKit」サポート端末にローリングアウト中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月8日(現地時間)、5月にPixelシリーズ向けにα版提供を開始した「Googleマップ」のARナビゲーション機能をβ版とし、AndroidだけでなくiOS端末でも利用できるようにしたと発表した。「ARCore」あるいは「ARKit」をサポートする端末向けに、今週からローリングアウトしていく。

 α版では機能に名称がなかったが、新たに「Live View」という名称がついた(日本での名称は問い合わせ中)。

 ar 1

 利用できるようになると、目的地までの徒歩での「経路」を選択すると、「開始」の隣に「Live View」が表示され、これをタップすると位置情報検出のために端末のカメラで周囲を映すよう促される。位置情報の特定に成功すると、画面上部にカメラで映した風景に矢印などが、下部には自分が向かっている方向に連動する地図が表示される。風景の矢印に従って歩けば目的地に着くが、歩いている間は安全のためARは表示されない。また、今のところLive Viewが表示されるのは徒歩でのナビのみだ。


 Googleは同日、マイプレイスの共有機能やトリップ機能なども発表した(別記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.