ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年08月09日 07時26分 公開

Googleマップに旅行に便利な3つの新機能

Googleマップに、「マイプレイス」からホテルやフライトの予約が確認できる機能や、「タイムライン」で行ったことのある場所をリスト化して友達と共有する機能などが追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月8日(現地時間)、モバイル版Googleマップの新機能を複数発表した。いずれも、向こう数週間中に利用可能になる。

「マイプレイス」にホテルやフライトの予約確認タブ

 マップの左上の[≡]→[マイプレイス]に新たに[Reservation(日本での表記は問い合わせ中)]タブが追加され、ここにGoogeアカウントで検出できるホテルやフライトの予定が自動的にまとめられるようになる。

 この機能は2016年から「Google Trips」というアプリで提供していたが、今月このサービスは終了した。単体アプリより、Googleマップに統合した方が便利だろう。

 reservation 旅行の予定が「マイプレイス」で確認できる

「タイムライン」で行った場所をリストアップして友達と共有

 「マップの履歴」を有効にしていると表示される「タイムライン」で行ったことのある場所を、リストにして友達に送ることができる。例えばこれから旅行に行く友達に、自分が行って良かったレストランや名所の場所を選んでリストにして送れる。

 [≡]→[タイムライン]の画面上部にタブが表示されるようになり、ここで行った町や国を選べるようになる。


 この機能が使えるのはAndroidのみ。

ARナビ機能「Live View」

 5月にPixelシリーズ向けにα版として提供された「Googleマップ」のARナビゲーション機能がβ版になり、AndroidだけでなくiOS端末でも利用できるようになった。「ARCore」あるいは「ARKit」をサポートする端末向けに、今週からローリングアウトしていく(別記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.