ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年08月22日 11時59分 公開

Microsoft、Linux Foundation、Alibabaなどがクラウドセキュリティ業界団体設立

MicrosoftやAlibaba、Googleなどのクラウド大手がLinux Foundationと新たな業界横断プロジェクト「Confidential Computing Consortium」を立ち上げた。「コンフィデンシャルコンピューティング」の採用と促進を目指す。

[ITmedia]

 Linux Foundationは8月21日(現地時間)、「コンフィデンシャルコンピューティング」の採用と促進を目指す業界横断の新たなコミュニティ「Confidential Computing Consortium」(CCC)の設立を発表した。立ち上げメンバーには、Alibaba、Arm、Baidu、Google Cloud、IBM、Intel、Microsoft、Red Hat、Swisscom、Tencent(アルファベット順)が名を連ねる。

 ccc 1 CCCの公式サイト

 コンフィデンシャルコンピューティングとは、クラウドコンピューティングで保護すべき3つのデータの1つ、処理中のデータの保護のことを指す。保存中のデータと転送中のデータの保護については、既にかなりの技術が構築されているが、3つ目の処理中のデータの保護は最も困難なステップであり、まだ改善の余地が大きい。

 Linux Foundationのエグゼクティブディレクター、ジム・ゼムリン氏は発表文で「CCCは、処理中のデータを保護するためのインフラをサポートするオープン技術の定義と構築を支援する」と語った。

 CCCはGitHubで、ハードウェアで保護された信頼できるアプリを構築するためのSDK「Open Enclave SDK」をGitHubで公開した。このSDKはまずはIntel SGXとARM TrustZone、LinuxとWindowsをサポートしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.