ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年08月23日 07時30分 公開

Google、個人のプライバシーと最適な広告のバランスを目指す「プライバシーサンドボックス」を提案

Googleが、個人プライバシーと最適な広告表示のバランスを目指すイニシアチブ「Privacy Sandbox」を発表した。最近増えているCookieのブロックは、パブリッシャーの収入減だけでなく、ブロック回避策としてのフィンガープリントの増加を呼び、プライバシーの後退に繋がるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月21日(現地時間)、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、最適な広告を表示するためのイニシアチブ「Privacy Sandbox」を提案した。Web標準プロセスに従い、業界からのフィードバックを求めている。

 sandbox

 広告はGoogleにとって需要な収入源(直近の四半期業績で、広告収入はGoogleの総収入の84%を占める)だ。だが、「Webサイトオーナーや広告主がユーザーに関連性の高い広告を表示するために使うテクノロジーが、オリジナルの設計意図をはるかに超えつつあり、ユーザーのプライバシーに関する期待に一致しなくなった」ため、Webプライバシーを根本的に強化するための一連のオープン標準を開発するイニシアチブとしてPrivacy Sandboxを立ち上げたと、Chromeエンジニアリング担当ディレクターのジャスティン・シュー氏は公式ブログで語った。

 Webサイトや広告主と共有されるユーザーデータはユーザー情報を匿名で集約し、多くのユーザー情報をオンデバイスに保持することで最小限に抑えつつ、最適な広告を表示することを目指す。

 「最近、他の一部のブラウザーがこの問題に対処しようとしたが、標準のないままのユーザーのプライバシーを改善しようとする試みは、意図しない結果をもたらしている」という。これは、MozillaAppleのトラッキングブロックを指しているようだ。

 まず、Cookieのブロックにより、パブリッシャーの収益が大幅に減少する。世界の500のGoogle Ad Managerサイト運営者のトラフィックの一部を分析したところ、Cookieが存在しないトラフィックは、Cookieが存在するトラフィックよりもパブリッシャーの収益が平均52%減少したという。特にニュースメディアサイトでは、平均62%減少した。

 また、Cookieの制限により、一部の業者がフィンガープリントなどの回避策を使うようになった(MozillaとAppleはフィンガープリントはブロックしていない)。フィンガープリントはCookieと異なり、ユーザーがクリアできないため、情報の収集方法を制御できない。これではプライバシー保護として前進ではなく後退だとGoogleは指摘する。

 GoogleはGoogle I/O 2019で、クロスサイトCookieとフィンガープリントを制限する計画を発表している。これらの取り組みはChromeブラウザに近く追加していく計画だが、Privacy Sandboxの開発は複雑なプロセスであり、エコシステムの変更には時間がかかるとしている。

 Privacy SandboxのアイデアについてはChromiumブログにまとめられている。

 「オープンでアクセスしやすいWebの信じられないほどのメリットを次世代のインターネットに確実に継続させるために、これらの問題を一緒に解決する必要があると考えている」(シュー氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.