ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年08月27日 15時46分 公開

ローソン、フード宅配「Uber Eats」に対応 「からあげクン」や日用品を配達 11月まで一部店舗で実証実験

ローソンが、フードデリバリーサービス「UberEats」を試験導入。店舗の商品を配送する実証実験を29日から始めると発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 ローソンは8月27日、フードデリバリーサービス「Uber Eats」を使って商品を客に配達する実証実験を29日から始めると発表した。Uber Eatsに日本のコンビニが対応するのは初。

photo

 まずは東京都内にあるローソン直営の4店舗から始める。客はUberEatsアプリからローソンが取り扱う商品を注文し、指定した場所に届けてもらえる。

photo

 実証実験では、弁当や店内で調理したホットスナックの他、日用品、酒類など約100品目を注文できる。期間中は取扱商品の変更や追加も検討し、店舗での作業やユーザーのニーズを検証する。9月末までに対象店舗を13店舗に拡大する予定。実験期間は11月30日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.