ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年08月29日 09時38分 公開

Microsoft、Linuxカーネルで公式に「exFAT」サポート

折に触れて「Microsoft ♥ Linux」とアピールしているMicrosoftが、独自ファイルシステム「exFAT」をLinuxカーネルに対応させたと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月28日(現地時間)、独自ファイルシステム「exFAT」をLinuxカーネルでも利用できるよう公式にサポートしたと発表した。

 exfat

 Linux Foundationの理事も務めるMicrosoftのエンジニア、ジョン・ゴズマン氏は「Microsoft ♥ Linux」で始まる公式ブログで、「Linuxコミュニティが、Linuxカーネルに含まれるexFATを自信を持って利用できることが重要だ。そのために、exFATの技術仕様を公開し、相互運用可能な実装の開発を促進する」と語った。

 また、Open Inventor NetworkのLinux System Definitionの将来の改訂版でexFATをサポートするLinuxカーネルを最終的に含めることをサポートしていく。

 exFATは、Microsoftが2006年にFAT32の後継として作成したファイルシステム。大容量のSDカードなどで利用されており、米AppleのOSやほとんどのAndroid端末がサポートしている。

 Linux向けドライバもあるが、公式にサポートされることで、Raspberry PiなどでもexFATファイルを利用できるようになる見込み。

 詳細はMicrosoftの技術仕様を参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.