ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月06日 16時48分 公開

IFA2019:初代ウォークマンを再現した40周年記念モデル登場 音質でカセットが変わる

ソニーがウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」を披露した。1979年に発売した初代ウォークマン「TPS-L2」の外観を再現した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは、ドイツ・ベルリンで9月6日(現地時間)に開幕するエレクトロニクスショー「IFA2019」の会場で、1979年に発売した初代ウォークマン「TPS-L2」の外観を再現したウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」を披露した。中身はAndroidを搭載した最新型だが、付属のソフトケースを装着するとTPS-L2にそっくりになる。

ウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」に付属のソフトケースを装着したところ

 画面にカセットテープが回る動画を映し出す機能を備えた。ソフトケースを装着すると、透明な窓から画面の一部が露出し、初代ウォークマンでカセットテープを再生しているように見える仕掛け。

カセットテープが回る動画を映し出す

 動画は再生中の音源によって変化する。例えばテープのインデックス(ラベル部分)には音源の曲名やアーティスト名が表示され、早送りや早戻しボタンを押すとテープはそれぞれの回転方向で高速に回る。さらに音源がCD音質以下なら、動画のカセットはノーマルポジション、CD相当ならハイポジション、ハイレゾ音源ではメタルポジションと音質によってテープが変わるという。

音源 表示されるカセットテープ
MP3/AAC/WMA(128kbps以下) CHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(160kbps以下) BHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(256kbps以下) AHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(320kbps以下) JHF ハイポジ
FLAC/ALAC APE/MQA(CD相当) UCX ハイポジ
AIFF(CD相当) UCX-S ハイポジ
PCM(CD相当) DUAD フェリクローム
FLAC/MQA/ALAC PCM/AIFF/APE(ハイレゾ) METAL メタル
DSD(ハイレゾ) METAL Master

 本体の背面にはウォークマンロゴを模した「40周年特別ロゴ」をプリントした。製品のパッケージも特別仕様で2種類のステッカーが付属する。16GBのメモリを内蔵して価格は440ユーロ(約5万2000円)。欧州で11月の発売を予定しているが、ソニーによると日本での販売は未定としている。

背面に「40周年特別ロゴ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.