ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年09月06日 21時30分 公開

“世界最小最薄”おサイフ対応スマホ「Rakuten Mini」を写真でチェック 「あの端末」と似ている?

楽天モバイルの独自スマートフォン「Rakuten Mini」を写真でチェックしていく。

[井上輝一,ITmedia]

 楽天傘下の楽天モバイルは9月6日、独自の通信ネットワークを用いたモバイル通話・通信サービス(MNO)の試験提供と併せて、同社の独自端末として、カードサイズの小型スマートフォン「Rakuten Mini」を発表した。

 同端末の価格や発売日は未定だが、発表会で実機を触ることができた。写真とともに詳細をチェックしていこう。

楽天モバイルの独自端末「Rakuten Mini」

「世界最小最薄のFeliCa搭載スマートフォン」

 サイズは約106.2(高さ)×約53.4(幅)×約8.6(奥行き)ミリで、重量は79グラムと小型・軽量。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「世界最小最薄のFeliCa搭載端末」としている。記者が使用している「Galaxy Note 8」と並べてみると、その小ささが分かりやすい。

「Galaxy Note 8」(左)とRakuten Mini(右)

 端末底面中央にはUSB Type-Cポートがあり、底面右側(写真では表裏逆のため左側)にはストラップホールがある。右側面にはボリュームキーと電源キーがあるが、SIMスロットやmicroSDスロットは搭載していない。SIMに関しては、電子的にSIMを入れ替えられる「eSIM」に対応している。

Rakuten miniRakuten mini 端末底面中央にはUSB Type-Cポートがある 側面にはボリュームキーと電源キーがあるが、SIMスロットやmicroSDスロットは搭載していない

 背面の素材はガラス。中国Huaweiのスマートフォンなどに見られるような、光をオーロラのように反射する処理が施されている。

背面 光をオーロラのように反射する処理が施されている

 端末のカラーリングはナイトブラックとクールホワイトの2色を用意。クールホワイトはFeliCaのマークが視認できる。

クールホワイトはFeliCaのマークが視認できる(試作品のためか、ナイトブラックにはFeliCaマークがないように見えた)

 端末の設定からシステムを確認すると、OSはAndroid 9、SoCは米QualcommのSnapdragon 439を搭載していることが確認できる。

 スペック表によると、メモリは3GBで、ストレージは32GB。アウトカメラの画素数は約1600万画素で、インカメラは約500万画素。ディスプレイは約3.6インチのTFT液晶で解像度はHD(1280×720ピクセル)。バッテリー容量は1250mAh。おサイフケータイ(FeliCa)とNFCに対応。楽天モバイルが来年4月以降に提供予定のVoLTEにも対応予定。Wi-FiはIEEE802.11 a/b/g/n/acに対応し、8台までのテザリングが可能。

Rakuten Miniのスペック一覧
約1600万画素のアウトカメラ。UIはシンプルだが、顔検出やHDRなどに対応するという

 IP52等級の防じん・防滴性能を持つとしているが、ちりの侵入に対しては「機器の正常な作動に支障をきたしたり、安全性を残ったりするほどの量のちりが内部に侵入しない」という等級であるものの、水の侵入に対しては「垂直より左右15度以内からの降雨によって有害な影響を受けない」という程度であるため、軽い雨なら大丈夫、くらいの気持ちで使うのが良さそうだ。

「Palm Phone」と似ている?

 ところで、Rakuten Miniは端末サイズ・ホームUIともに、米Palmが18年11月に発売したスマートフォン「Palm Phone」と似ている。

米Palmが18年11月に発売したスマートフォン「Palm Phone」

 Rakuten Miniの方がやや大きく重いが、FeliCaを搭載しておりバッテリー容量も大きい(Palm Phoneは800mAh)ことを考えると合点がいく。

 SoCは微妙に異なる(Palm PhoneはSnapdragon 435)が、メモリやディスプレイ解像度は同じ。

 Rakuten Miniの開発は中国のODMメーカーが行っているという。メーカー名は明らかにしていないが、「Palm Phoneと似ていますね」と楽天モバイルの展示担当者に聞くと「そうですね」と認めた。

Palm Phoneの前面と背面 ホームUIにアプリアイコンがバブル状に並び、上下にアイコンが流れていくのはPalm PhoneとRakuten Miniでほぼ同じ。カメラの位置は異なる

MNOサービス向けに9種類をラインアップ XperiaやGalaxyも

 Rakuten Miniの他、楽天モバイルはMNOサービス向けに、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ace」や、韓国サムスン電子の「Galaxy S10」「Galaxy A7」など9種類のラインアップをそろえている。

XperiaGalaxy ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ace」や、韓国サムスン電子の「Galaxy S10」「Galaxy A7」など9機種を取り扱う

 9月に発表があるとみられている、米Appleの新型iPhoneの取り扱いについては「ノーコメント」と口を閉ざした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.