ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年09月10日 09時04分 公開

Microsoft、「Wunderlist」の機能を統合した新生「Microsoft To Do」公開

Microsoftアカウントでマルチプラットフォームで使えるタスク管理ツール「Microsoft To Do」(旧「Microsoft To-Do」)がアップデートした。2015年に買収した「Wunderlist」の背景画像もあり、移行を呼び掛けている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月9日(現地時間)、Microsoftアカウントで使うタスク管理ツール「Microsoft To Do」のアップデートを発表した。2015年に買収したWunderlistに、機能やデザインがより近くなった。

 todo 「Microsoft To Do」は、Windows、macOS、iOS、Android版とWebアプリ版がある

 Microsoftは今のところまだWunderlistを提供しているが、いずれ終了するとしてユーザーにMicrosoft To Doへの移行を呼び掛けている。

 too 2 タスク管理画面

 特に理由の説明はないが、アプリ名が「Microsoft To-Do」から「Microsoft To Do」に変わった。その他、タスク管理画面が大きく変わった。リスト題目がコンパクトになり、タスクの表示部分が広くなった。また、タスクがカード形式になった。

 カスタムカラーが選べる他、ダークモードも設定可能だ。背景として、Wunderlistでおなじみのベルリンのテレビ塔の画像も用意した。

 Microsoft To Doは、Windows、Mac、iOS、Androidのアプリと、Webアプリがあり、すべてMicrosoftアカウントで連携できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.