ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年09月13日 07時31分 公開

Google、ニュース検索結果のトップにオリジナル記事を表示するアルゴリズム変更

Google検索でニュースを検索すると、オリジナル記事が優先的に表示されるようアルゴリズムと評価者向けガイドラインが変更された。後追い記事があふれてもオリジナルが埋もれないようになる見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月12日(現地時間)、ニュースの検索結果でオリジナル記事のランクを高くし、より長く表示されるようにアルゴリズムを変更したと発表した。

 1つのテーマについて多数のメディアが記事を掲載する場合、これまでは、より新しい記事や大手メディアの後追い記事にオリジナル記事が埋もれてしまうことがあったが、このアルゴリズム変更でユーザーはどの記事がオリジナルであるのかが分かりやすくなるとしている。

 news テーマによっては確かに最初の報道がトップに表示される

 Googleのニュース担当副社長、リチャード・ジャングラ氏は公式ブログで「通常、ニュースの検索結果では内容が最新で最も包括的な記事を表示するが、オリジナル記事の重要性を強調するために、アルゴリズムをグローバルに変更した。オリジナル記事は、目立つ位置に長く留まることがある。これにより、ユーザーはオリジナル記事を表示しながら、より最近の記事も表示できる」と説明する。

 アルゴリズムだけでなく、世界に1万人いる人間の「search rater(検索の評価をする人)」向けのガイドライン(リンク先はPDF)も、オリジナル記事の評価を上げるよう変更した。

 rater 改定されたガイドライン

 ジャングラ氏は、「“オリジナル記事”の絶対的な定義も、確実にオリジナル記事を特定する基準もない」が、精度を上げるよう努力していくと語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.