ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月13日 23時00分 公開

ソニーの「Crystal LED」が家庭のリビングへ 110インチでフルHD、790インチで16Kも

米Sony Electronicsが「Crystal LED」を一般家庭向けに販売すると発表した。カスタムインストーラー(工事も手がける専門業者)を介して販売する。

[ITmedia]

 米Sony Electronicsは9月12日(現地時間)、微細なLEDを並べた自発光ディスプレイ「Crystal LED」を一般家庭向けに販売すると発表した。

設置イメージ

 R(赤)、G(緑)、B(青)の微細なLED素子を並べて1画素を構成し、画素ごとに駆動する自発光ディスプレイ。マイクロLEDのサイズは0.003平方ミリと極めて小さく、画面表面の99%以上を黒(RGB光源以外の部分)が占めたことで高いコントラストを実現した。

マイクロLEDのサイズは0.003平方ミリ

 Crystal LEDは、2012年のCES(当時は2012 International CES)で初の試作機を展示。当時は家庭用の「次世代ディスプレイ」として注目を集めたが、その後デジタルサイネージなど業務用に転換し、2016年から「CLEDIS」(クレディス)という名称で販売している。

2012年のCESで参考展示した55インチのCrystal LEDディスプレイ。フルHD解像度だった

 今回の家庭用Crystal LEDは、CLEDISと同じモジュール構造を採用している。正方形に近い小型モジュールを組み合わせ、任意のサイズと形状の画面を作れるというもので、例えば18個のモジュールを並べると110インチのフルHD、72個で220インチ4K、288個で440インチ8K、576個で790インチ16Kとなる。販売はカスタムインストーラー(工事も手がける専門業者)を介して行う。

CLEDISは小型モジュールを組み合わせて画面を作る。写真はモジュールの背面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.