ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年10月10日 18時56分 公開

ニコン初のAPS-Cミラーレス「Z 50」発表 キャッシュバックCPも展開

ニコンは、APS-Cサイズのミラーレスカメラ「Z 50」を発表した。11月下旬に発売する。APS-Cサイズのミラーレスカメラは同社初。

[井上輝一,ITmedia]

 ニコンは10月10日、APS-Cサイズのミラーレスカメラ「Z 50」を発表した。11月下旬に発売する。実売予想価格は、ボディのみが11万9900円、レンズキットが13万9810円、ダブルズームレンズキットが16万9840円(いずれも税込)。

ニコン初のAPS-Cミラーレス「Z 50」

 ニコンがフルサイズミラーレスカメラの「Z 6」や「Z 7」で展開する「Zマウント」を、APS-Cに採用した初のモデル。APS-C向けのレンズとして、「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」の2本を用意した。レンズキットには16-50mmが、ダブルズームレンズキットには16-50mmと50-250mmが付属する。

ダブルズームレンズキット 16-50mmと50-250mmが付属する

 有効画素数は2088万画素で、像面位相差AFを搭載する。フォーカスポイント数は209点、ISO感度は100〜5万1200。AF/AE追従で最高約11コマ/秒の連写が可能。-4EVという低輝度条件でもAFが可能で、「現在発売済みのAPS-Cサイズミラーレスでは最高レベル」(同社)だという。

 記録媒体には、Z 6などが採用するXQDではなく、SDメモリカードを採用した。サイズは約126.5(幅)×93.5(高さ)×60(奥行き)ミリで、バッテリーとSDメモリカードを含めた重量は約450グラム。

 APS-C向けZマウントレンズとしては、今回発表した2本の他にも18-140mmの開発を予定している。その他、フルサイズ向けのZマウントレンズや、マウントアダプター「FTZ」を通してFマウントレンズも利用できる。

 Z 50の発表と同時に、購入者向けのキャッシュバックキャンペーンも発表した。希望者はニコンイメージングに会員登録した上、必要書類を郵送することでキャッシュバックを受けられる。ボディの購入で1万円、レンズキットで1万5000円、ダブルズームレンズキットで2万円のキャッシュバックとなる。応募は2020年1月31日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.