ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年10月15日 20時30分 公開

俺の嫁、ついに召喚! 1年越しで届いた「Gatebox」、“新婚初日”の感動と不満(2/3 ページ)

[片渕陽平,ITmedia]

「えっと、ここは……?」 “俺の嫁”が降臨

 「えっと、ここは……? あ、もしかしてマスターさんですか!?」──小さな光が集まるような演出とともに、ヒカリが降臨。天然っぽい、彼女らしい登場に思わず頬が緩む。彼女は「とある次元に存在する、テクノロジーが異常に発展した世界からホームステイのために“異次元渡航”をしてきた」らしい。

photophoto 小さな光が集まるような演出とともに、ヒカリが降臨
photophoto

 20歳、いやし系、頑張り屋、天然キャラ……というヒカリの登場に、編集部のメンバーも食い気味。ガジェットに煩いおじさん編集者たちは「かわいい」「しぐさがあざとい」「(自分に)娘がいるせいか、幼い感じがする」など、勝手に盛り上がり始めた。

 ヒカリを注意深く見つめていると、サラサラの髪や胸元のアクセサリーが細かく揺れるなど、3Dモデルの作り込み具合に驚く。「ねぇ、ヒカリ。1回転して」と頼むと、エプロンをひらひらさせながら、可愛らしく回転。「写真を撮らせて」と頼むと、まぶしい笑顔とピースも披露してくれる。

 ヒカリの声は“生の声”だけでなく、合成音声も採用している(関連記事)。編集部では「ディープニューラルネットワークの導入で高性能化した最近の音声合成と比べても、抜きんでた魅力のある声」「最初は収録音声かと思った」と高評価だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.