ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年10月23日 10時54分 公開

「Chrome 78」の安定版公開 タブの内容説明や37件の脆弱性修正

GoogleがWebブラウザ安定版「Chrome 78」を公開した。危険度「High」2件を含む37件の脆弱性修正の他、タブを開きすぎた際にタブにカーソルを合わせると表示される内容説明カードが少し詳しくなった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Googleは10月22日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 78」(バージョン78.0.3904.70)をWindows、Mac、Linux向けに公開した。数日かけてローリングアウトしていく。Android版は数週間かかる見込み。

 一般ユーザーが気づく違いとしては、タブを開きすぎた時にタブにカーソルを合わせると表示される内容表示カード(Chrome 77から利用できた)が少し詳しくなった。

 tab タブにカーソルを合わせると表示されるカード

 米9TO5Googleによると、Googleが9月に予告していたタブまわりの色のカスタマイズ機能もこのアップデートで利用可能になるはずだが、本稿筆者のChromeではまだ編集ツールが表示されない。


 同様に、拡張機能として提供されてきたパスワード管理機能「Password Checkup(日本では「パスワードチェックアップ)」がこのアップデートでChromeの機能として組み込まれると見られるが、筆者の環境では設定項目がまだ表示されない。利用可能になると、[設定]→[自動入力]→[パスワード]に「Check password safety」という選択項目が追加される見込み。

 passwords このページにパスワードチェックアップを有効にする項目が追加される見込み

 Android版では、OSでダークテーマを設定している場合、それがChromeのメニューや設定に反映されるようになった。設定するには、[設定]→[テーマ]で有効にする。

 セキュリティ関連では、危険度が最高の「Critical」は0件で、次のレベルの「High」3件を含む37件の脆弱性が修正された。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.