ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年10月28日 19時01分 公開

「Facebook News」にオルタナ右翼メディア──「観点のダイバーシティが必要」とCEO

Facebookの新しいニュース専用タブ「Facebook News」に、オルタナ右翼メディアとして知られるBreitbartが参加することが分かった。メディアからの質問に対し、ザッカーバーグCEOは「観点のダイバーシティが必要」と説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが10月25日(現地時間)に発表したニュース専用タブ「Facebook News」の“信頼できる情報源”の1つとして、オルタナ右翼メディアと目されている米Breitbartが参加していることが、発表後のイベントで明らかになった。

 Facebook Newsは、Facebookのガイドラインに沿った登録メディアのニュースを、外部のジャーナリストチームがキュレーションしてジャンル別に表示する無料のニュースサービス。まず米国の一部ユーザーを対象に試験的に公開される。

 マーク・ザッカーバーグCEOはNews York Timesへの寄稿で、 ABC News、The New York Times、The Wall Street Journal、The Washington Post、BuzzFeed、The Dallas Morning Newsなどの大手メディアと複数年にわたるパートナーシップを結んでいると説明した。

 Facebookが同日メディア向けに開催したザッカーバーグ氏と米News Corp.のロバート・トンプソンCEOとの会談イベントの最後の質疑応答コーナーで、米New York Timesの記者が「無料で参加するメディアの中に、数年前に極右プラットフォームと呼ばれたBreitbartがあるのはなぜか」と質問した。

 Breitbartは、トランプ米大統領の選挙対策本部のCEOを務めたスティーブン・バノン氏が会長を務めた(昨年退任)保守系ニュースサイト。移民に関する不正確な報道や「黒人の犯罪」特集などで批判された。

 breitbart Breitbartの記事の一例(民主党を批判)

 ザッカーバーグ氏は「具体的な個別のメディアについて話すことはないが、ガイドラインは透明であり、Facebook Newsには観点のダイバーシティが必要」で「異なる観点を持つコンテンツを含める必要があると思う」と語った。

 同氏はNew York Timesへの寄稿で、「われわれはFacebook Newsに掲載するメディアに対し、厳格なガイドラインを設定している。もしメディアがフェイクニュースを投稿したら、そのメディアは二度とFacebook News上に表示されないだろう」と説明している。Breitbartも例外ではないということだ。

 Facebookがなぜあえて過去に批判されたBreitbartを選んだのかは不明だ。同社はFacebook Newsに参加するメディアのリストを公開していないので、「観点のダイバーシティ」のバランスがどの程度とれているのかも不明だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.