ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
調査リポート
» 2019年11月13日 11時09分 公開

IaaS+PaaSクラウド市場、AWSの首位ゆるがず Azure、Google、Alibaba含む4社で市場の7割超占める 19年3Q

米調査会社のSynergy Research Groupが、2019年第3四半期におけるIaaSとPaaSを合わせたクラウドサービス市場の調査結果を発表。AWSは約40%のシェアをほぼ維持し、他社を大きく引き離して首位を守った。AWSを追い上げるのはマイクロソフトで、20%弱のシェアを保持。それに続く10%弱のシェアがGoogle、6%程度がAlibabaとなっていた。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「IaaS+PaaSクラウド市場、AWSの首位ゆるがず。AWS、Azure、Google、Alibabaの上位4社で市場の7割超。2019年第3四半期、Synergy Research Group」(2019年11月13日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米調査会社のSynergy Research Groupは、2019年第3四半期におけるIaaSとPaaSを合わせたクラウドサービス市場の調査結果を発表しました。

photo

 この1年で同市場全体は37%成長していると報告されていますが、そのなかでAmazon Web Services(AWS)は約40%のシェアをほぼ下げることなく維持し、引き続き他社を大きく引き離した首位の座にいます。

 そのAWSを追い上げるのがマイクロソフトで、2019年第3四半期の時点で20%弱のシェアを保持。それに続く10%弱のシェアがGoogle、6%程度がAlibabaとなっています。

 高い成長率を保ち続けるこの市場で上位4社がシェアを維持もしくは上昇させ続けるということは、それ以外の多くのクラウドベンダーがシェアを失っていることを意味しています。

 上記のグラフのグレーの点線(Others)は、それを如実に物語るように急速にシェアを下げています。このOthersにはSalesforce.com、IBM、Oracle、Tencentをはじめとする多くのクラウドベンダーが含まれています。

 こうした上位4社以外のクラウドベンダーが全てシェアを落としているかというとそういうわけではありませんが、Synergy Research Groupのチーフアナリスト、John Dinsdale氏は次のようにコメントし、引き続き大手クラウドベンダーが有利な状況が続くという見通しを示しています。

Some of the companies outside the top four are actually growing at a reasonable pace, but the reality is that in aggregate they continue to lose ground to the market leaders. Outside of some niche services and geographic regions, this is a game where scale of operations, geographic footprint and global brand are key competitive advantages.

 上位4社以外のいくつかの企業は、実際には妥当なペースで成長していますが、現実には、全体として見たときのマーケットリーダーの地位を失い続けています。 一部のニッチサービスおよび地域以外では、これは事業規模、地理的広がり、グローバルブランドがカギとなる優位性を持つゲームなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.