ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年11月22日 15時55分 公開

カスペルスキーがドローンの不法侵入を阻止するシステムを開発 ドローンを自動検出して電波を妨害

カスペルスキーが、ドローンの不法侵入を阻止するシステムを発表した。敷地内に侵入したドローンを自動検知し、電波妨害により不時着させる。

[谷井将人,ITmedia]

 カスペルスキーは11月21日、ドローンの不法侵入を阻止するシステム「Kaspersky Antidrone」を2020年初頭に提供すると発表した。AI技術を活用して敷地内に侵入したドローンを自動検知し、電波を妨害して不時着させる。

photo

 Kaspersky Antidroneでは、レーダーやカメラで敷地内を監視し、飛行物体を見つけるとレーザースキャナーで位置を特定、カメラで追跡しつつAIでドローンなのかどうかを判別する。ドローンと判断した場合は、電波妨害を行って不時着させる。ドローンはGPSやコントロール用の電波を受信できなくなるとベースに戻るか、ゆっくり降下するという。

photo

 ドローンは商品の配達や人が入りにくいような場所の調査などで活用が進んでいる反面、悪意を持って利用されるケースも多く報告されている。18年12月には英ロンドンのガトウィック空港で滑走路にドローンが進入し、飛行機の離着陸が停止。空港の運営に混乱を招いた。

 同社はこのような否定的な面がドローンの普及を停滞させているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.