ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年11月27日 07時48分 公開

Amazon.com、Alexaによる服薬リマインダーを大手薬局チェーンと連携して提供

Amazon.comが薬局チェーンと提携し、Alexaによる処方薬の服薬リマインダーと補充購入を可能にするスキルを米国で提供開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは11月26日(現地時間)、音声アシスタント「Alexa」で、処方薬の服用リマインダーと薬の補充を管理するサービスを米国の一部地域で開始した。

 Amazonは、多くのユーザーがAlexaを服薬リマインダー(時間を設定して「薬を飲む時間です」とリマインドさせる)に活用していることを知り、このサービスに取り組んできたとしている。

 薬局向けの投薬・供給管理システムを提供する米Omnicellおよび大手薬局チェーンの米Giant Eagle Pharmacyとの提携で実現した。

 米国の一部地域でGiant Eagle Pharmacyで処方薬を購入しているユーザーは、同薬局のスキルを有効にし、アカウントをリンクして処方情報をAlexaに提供することで、この機能を利用できる。

 設定の過程で、プライバシー保護のために「音声プロフィール」と個人用パスコードの設定を求められる。

 eagle

 設定したら、「Alexa、私の薬を管理して」と命令することで、服薬リマインダー(の設定ができ、「Alexa、処方薬を補充して」ということでGiant Eagle Pharmacyから処方薬を購入できる。

 Amazonは、来年には提携先薬局を拡大していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.