ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年11月28日 15時35分 公開

直射日光に負けないLEDディスプレイ、JDIが開発

ジャパンディスプレイが次世代ディスプレイの有力候補とされるマイクロLEDディスプレイの試作品を公開。一般的な液晶ディスプレイの10倍近い輝度を実現。直射日光が当たる場所でも使えるという。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ジャパンディスプレイ(JDI)は11月28日、次世代ディスプレイの有力候補とされるマイクロLEDディスプレイの試作品を公開した。1.6インチで3000カンデラの輝度を実現し、一般的な液晶ディスプレイより10倍近く明るい。「直射日光が当たる場所でも使える」(同社)という。

3000カンデラ/平方メートルの明るさを持つマイクロLEDディスプレイ試作品

 微細なLEDチップが自ら光を発する自発光ディスプレイ。世界で唯一、赤色GaN(窒化ガリウム) micro LEDの技術を持つ米gloのマイクロLEDチップを使い、JDIのLPTS(多結晶低温ポリシリコン)バックプレーン技術と組み合わせた。「輝度や色再現性の高さ、視野角の広さなど、LEDチップの性能を引き出せた」(JDI)。画素数は300×300(×RGB)ピクセルで、精細度は265ppi。視野角は178度。

 現在は製造技術の開発に取り組んでいる段階。量産時期については「明確には決めていない」として明言を避けた。

 試作品は、12月4日から幕張メッセで開催される「第29回 液晶・有機EL・センサ技術展 ファインテック ジャパン2019」に参考展示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.