ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月17日 13時05分 公開

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載

ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。

[片岡義明,ITmedia]

 ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を12月19日に発売する。同社初のソーラー充電モデルとしてバッテリー駆動時間を延長したモデルだ。価格は13万円から。

「fenix6X Pro Dual Power」

 ソーラー充電では、スマートウォッチモード時で一週間に約24時間分の駆動時間を延長できる(屋外で1週間毎日、3時間5万ルクスの光に当てた場合)。ソーラー充電を使わない場合でも、GPS+光学心拍計モードで最大60時間と、従来機「fenix5X plus」の最大30時間に比べて2倍の長寿命化を実現。「パワーモード」を使えば、GPSや地図、心拍機能などのON/OFFを自由にカスタマイズでき、目的や利用シーンに合わせて最大限のバッテリー稼働時間を得られるという。

さまざまな設定やセンサー類がバッテリー寿命に与える影響を確認できる「パワーマネージャー」(写真=左)、ナビ情報のある地図をインストールしているため、「交差点は左へ」といった道案内をしてくれる(写真=右)

 ディスプレイは1.4インチ。1画面に最大8分割でデータを表示する。PacePro機能は、ランニング時にあらかじめレースのコースや目標タイムを設置するとアップダウンを考慮した区間ごとのペース配分を作成できる。

 地図機能には、道路地図や登山地図、国内外4万1000のゴルフコース情報に加え、世界中にある約2000のスキーリゾートのデータを収録しており、スキーのコース名や難易度も確認できる。

 ラインアップは、ベゼルとバンドにLDC(Diamond-Like Carbon:カーボン硬質膜)処理を施したチタンを採用する「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC Titanium band」、ベゼルとバンドにチタンを採用する「fenix6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band」、ベゼルにDLCチタン、バンドにブラックシリコンを使用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC」の3種類。価格はそれぞれ16万3000円、15万円、13万円(すべて税別)。

「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC」

この記事について

この記事は、地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト「GeoNews」から転載したものです。URLはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.