ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月18日 11時45分 公開

動画・SNS使い放題プラン「ウルトラギガモンスター+」、「Amazonプライム・ビデオ」もカウントフリーに

ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」の“使い放題”の対象に「Amazonプライム・ビデオ」を追加すると発表。追加時期は2020年1月31日。ウルトラギガモンスター+は、月間50GBまでデータ容量が使える他、「YouTube」「AbemaTV」「Facebook」「LINE」などの通信量をカウントしないプラン。

[ITmedia]

 ソフトバンクは12月18日、一部の動画配信サービスとSNSの通信量をカウントしないスマートフォン向け料金プラン「ウルトラギガモンスター+」の対象に、Amazon.co.jpの有料会員向け動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」を追加すると発表した。追加する時期は2020年1月31日。

photo 「Amazonプライム・ビデオ」が「ウルトラギガモンスター+」の対象に

 ウルトラギガモンスター+は、月間50GBまでデータ容量が使える他、「YouTube」「AbemaTV」「GYAO!」「Hulu」「Facebook」「LINE」「Instagram」「TikTok」などの通信量をカウントしないプラン。20年1月31日以降は、ユーザーはデータ容量を気にせずAmazonプライム・ビデオを視聴できる。

photo ソフトバンクによる発表

 一方で総務省は現在、「新規参入した事業者が不利になる」「他のプランの利用者の通信品質が低下する」といった理由から、特定のサービスの通信量をカウントしない「ゼロレーティングサービス」を問題視。11月に「回線の混雑時には、ゼロレーティングの対象サービスにも通信制限を加えるべきだ」といった内容の指針案を発表した。

 指針案は、有識者から改善を求める声が相次いでいるため、策定には至っていないが、施行された場合は、ウルトラギガモンスター+の対象サービスも混雑時などに通信制限がかかる可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.