ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年12月19日 20時49分 公開

ネイルプリンタで「気軽に着せ替え」実現 カシオとコーセーが協業 銀座で無料体験スタート

カシオ計算機が化粧品大手のコーセーと手を組み、ネイルプリンタの共同開発に取り組んでいる。ネイルを手軽に着せ替えるものにして、新しい市場を生み出す考えだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 「ネイルを気軽に着せ替えるものにしたい」——デジタルカメラやインクジェットプリンタで培った技術を生かし、化粧品大手のコーセーと手を組んでネイルプリンタ開発に取り組むカシオ計算機。12月19日、東京・銀座にオープンした体験型ストア「Maison KOSE 」(メゾンコーセー)でプロトタイプを公開した。

カシオのネイルプリンタ(プロトタイプ)。備え付けのタブレットで操作する

 店内に設置したネイルプリンタは5台。来店客は実証実験の期間中、備え付けのタブレットを操作し、セルフで指1本分のネイルプリントを無料で試せる。

 手順はこうだ。まず手作業でつめに「ベースコート剤」と「プリプリントコート剤」を重ね塗りする。乾くのを待ちながらサンプルから好みのデザインを選び、タブレットのカメラでQRコードをスキャン。プリンタ本体の「ホルダー」に指を入れ、タブレットで指先の映像を見ながら位置を調整する(マーカーに合わせる)と、プリンタは独自技術でつめの輪郭を認識し、湾曲を補正して形状を把握。タブレット画面の「プリント開始」をタップすれば印刷が始まる。

プリント中。インクジェットの要領でマニキュアを噴出する

 ネイルプリンタはインクジェットの要領でマニキュアを噴出し、ヘッドが左右に動いて模様を描く。印刷が終わったら、仕上げとして手作業でトップコートを塗るという手順だ。

 印刷にかかる時間は1本15秒ほど。ネイルサロンや自分でマニキュアを塗るより短時間で、何より手描きでは難しい細かいデザインも、つめの端まできれいに印刷できるのがメリットだ。スマホで撮影した写真やアート、イラストなども利用できる。

手描きでは難しい細かいデザインもネイルプリンタなら容易

 ただし、2つのベース剤やトップコートが乾くまでに時間がかかるのは難点。カシオ計算機の井口敏之氏(執行役員)は、コーセーと協力してネイルカラーインクを新開発し、ベース剤などの手間を省いた「完全自動化を目指す」とした。

 完全に自動化できれば、ネイルプリンタはネイルサロンだけに置くものではなくなる。例えばコンビニエンスストア、結婚式場、観光施設などに設置し、ブライダル用ネイルやご当地キャラなどをその場で印刷できれば新しい市場が創り出せる。コーセーは、ネイルインクなど消耗品の供給、ネイルのデザイン開発などでも協力していく。

 井口氏は「ネイルは、メイクよりも自由度が高い自己表現ツール。われわれは(ネイルの)持続性より、手軽に短時間で着せ替えるネイルを提案したい」とし、将来的には民生機として市販することも視野に入れていると話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.