ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年12月23日 11時56分 公開

パロディーブランド「フランク三浦」がスマートウォッチ発売 心拍、睡眠など計測 7480円

「フランク三浦」からスマートウォッチが登場。スマートフォン(iPhone/Android)とBluetooth接続できる他、心拍、睡眠、消費カロリーを計測する機能、電話の着信やSNSの新着メッセージを通知する機能などを搭載する。価格は税込7480円。

[ITmedia]

 腕時計ブランド「フランク三浦」を展開するディンクスは12月23日、スマートフォン(iPhone/Android)とBluetooth接続できるスマートウォッチを発売した。心拍、睡眠、消費カロリー、移動距離の計測や、電話の着信、SNSメッセージの通知などができる。水やホコリに強い、IP67準拠の防水・防塵(じん)性能を備える。

 同社がスマートウォッチを販売するのは初めて。具体的な企業名は伏せているが、「世界で200万台以上の販売実績を誇るメーカーのモジュールを採用した」としている。

photo フランク三浦のスマートウォッチのパッケージと機能

 価格は税込7480円。ディンクスの公式ECサイト、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、楽天市場で取り扱う。カラーは「レインボーブラック」「ホワイト」「グレー」「カーキ」「レインボーホワイト」の5種類。全商品に黒色の予備ストラップが1本付属する。

photo 5種類のカラーバリエーション

 フランク三浦は、スイスの高級腕時計「フランクミュラー」のパロディーブランド。本家に似た樽型の腕時計を数千円程度で販売している。ディンクスは2012年にフランク三浦の商標を取得したが、フランクミュラーが特許庁に商標取り消しを請求したことから訴訟に発展。知的財産高等裁判所が「消費者が混同する恐れはない」との判決を下し、商標を認めた経緯がある。

 ディンクスは「サンプリングと機能テストなど1年以上の期間をかけた、フランク三浦の全く新しい試みを感じていただきたい」とコメントしている。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.