ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年01月07日 20時04分 公開

オフラインでもアウトドアマップが使えるWear OS搭載スマートウォッチ「SUUNTO 7」

フィンランドのSUUNTOがスポーツウォッチ「SUUNTO 7」を発売。Snapdragon Wear 3100を搭載したスマートウォッチでもある。フルカラーのアウトドア用マップを搭載し、オフラインでもルートを検索できる。

[片岡義明,ITmedia]

 フィンランドのスポーツ用品メーカー、SUUNTO(スント)が「Wear OS by Google」を採用したスマートウォッチ「SUUNTO 7」を発表した。1月31日に発売する予定で、価格は6万4900円(税込)。

「SUUNTO 7」

 米Qualcommのウェアラブル向けプラットフォーム「Snapdragon Wear 3100」を搭載したアウトドアGPSスマートウォッチ。タッチセンサー付きの有機ELディスプレイは表面にゴリラガラスを採用し、フィンランドの厳しい環境で耐衝撃性や耐水性、防塵性などのテストに合格したという。

 ランニングやサイクリング、スキー、サーフィンなど70種類以上のスポーツモードを搭載し、エクササイズを行いながら音楽再生も可能。iOS/Android用の専用アプリ「Suunto App」でトレーニングを分析できる。

 ナビゲーションは、GPSの他、Glonass、Galileo​、QZSS(みちびき)に対応。フルカラーのアウトドア用マップを搭載し、オフラインでもマップでルートを検索できる。

カラーはBlack Lime、Sandstone Rosegold、All Black、Graphite Copper、White Burgundyの5色

 バッテリー駆動時間は通常使用で48時間、GPS追跡モードで最大12時間。ベゼルはステンレススチール製で、ウォッチケースは強化ポリアミド製。50メートル防水仕様となっている。重量は70グラム。

この記事について

この記事は、地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト「GeoNews」から加筆、転載したものです。URLはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.