ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年01月23日 16時54分 公開

ポケモンGO、2月に大量発生するポケモンを「選挙」で決定 各候補のマニフェストがこちら

ポケモンGOで、2月の「コミュニティ・デイ」対象ポケモンを選挙で決めるという斬新な企画が行われます。選挙日は2月1日。一人で大量投票も可能です。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)を運営する米Nianticが、2月22日(土)の「コミュニティ・デイ」で大量発生するポケモンを選挙で決めるという斬新なイベントを企画しました。候補は「ロコン」「ワンリキー」「サイホーン」「ミニリュウ」。選挙は2月1日(土)に行われます。

 コミュニティ・デイは、ポケモンGOで2018年1月から毎月1回実施しているリアルイベントです。特定のポケモンが大量発生するため、トレーナーにとっては進化や強化に必要なアメを確保する大チャンス。また時間内に進化させるとイベント限定の特別なわざを覚えたり、色違いポケモンが出現したり。月に一度の見逃せないイベントとなっています。

 コミュニティ・デイの対象となるのは、各世代の御三家に加え、実装時にレア度の高い「10kmタマゴ」から生まれていた人気ポケモンたち。しかし、スタートから2年が経過し、対象となるポケモンの候補は減っていました。

 前回は第4世代(シンオウ地方)最後の御三家「ポッチャマ」で、同じく第4世代の「マンムー」や「エルレイド」のコミュニティ・デイは実施済み。一方、有力候補の「フカマル」はまだ激レア扱いです。次は何がくるのかとトレーナーたちの話題になっていましたが、さすがに候補を選挙で選ぶと予想する人は見たことがありません。サプライズ大好きなNianticさんは、今回もわれわれを驚かせることに成功したようです。

選挙のスケジュールと候補者たち

 投票日は、日本時間の2020年2月1日(土)午前0時から午後11時59分まで。時間内にポケストップを回すと投票用紙代わりのフィールドリサーチのタスクが入手できます。

 内容は下記の4種類。「この候補に決めた!」というタスクだけを残し、クリアすると一票を投じたことになります。各タスクは同じ確率で出てきます。

投票日のフィールドリサーチ

  • ワンリキーに投票!ポケモンを20匹捕まえる
  • サイホーンに投票!ポケモンを20匹捕まえる
  • ロコンに投票!ポケモンを20匹捕まえる
  • ミニリュウに投票!ポケモンを20匹捕まえる

 ポイントは、時間と体力、気力が続く限り、何度でも同じ候補に投票できることでしょう。1つのリサーチをこなした時点で1票となるので、同じ候補のタスクを3つ集めてからポケモンを20匹捕まえれば一気に3票。繰り返せば一人で大量投票も夢ではありません。

 なお、「選挙なんて興味ないよ」という人も、当日は他のタスクが一切出てこない仕様になるため、「週間リワード」(報酬)の獲得を遅らせたくなければ1つはクリアする必要があります。棄権はリスクを伴います。

 それでは候補の紹介に移りましょう。各候補が晴れて当選した暁に覚えられるわざ、色違いの有無などをまとめました。

ロコン候補(アローラのすがた含む)

  • ほのおタイプの「ロコン」に加え、こおりタイプの「ロコン(アローラのすがた)」も出現する、一度で二度おいしい候補。当選した場合、ロコンは野生とタマゴで、アローラのすがたはフィールドリサーチとレイドバトルに登場します
  • 限定わざは、「キュウコン」がほのおタイプの「ウェザーボール」「キュウコン(アローラのすがた)」はこおりタイプの「ウェザーボール」。どちらもタイプ一致のため、場所を問わず活躍します
  • 色違いの「ロコン」は初実装となります(アローラのすがたは実装済み)

ワンリキー候補

  • ポケモンバトル最重要ポケモンの一角、かくとうタイプの「カイリキー」に進化します。とくにジム戦では対ハピナスの定番になっていますので、アメがほしい人は多いはず
  • 限定わざは「しっぺがえし」。あくタイプのスペシャルアタックで、タイプ不一致ながらカイリキーが苦手とするエスパータイプやゴーストタイプのポケモンに対抗できます。わざは対人戦向きといえます
  • 色違いは実装済み

サイホーン候補

  • いわタイプの強力なポケモン「ドサイドン」に進化します
  • 限定わざは、初登場の「がんせきほう」。タイプ一致となるため、レイドやジム戦を中心に活躍しそうです
  • 色違いの「サイホーン」は初登場になります

ミニリュウ候補

  • ドラゴン、ひこうタイプの強力なポケモン「カイリュー」に進化します
  • 限定わざは、かくとうタイプの「ばかぢから」。タイプ不一致ながら、カイリューの弱点である、こおりタイプやいわタイプのポケモンに対抗できるため、とくに対人戦で活用できます
  • 2018年2月にコミュニティ・デイを実施しており、当選すれば2回コミュニティ・デイの対象となった初めてのポケモンとなります(2年振り2度目)
  • 色違いは前回のコミュニティ・デイで実装済み
ミニリュウの色違い(参考画像)

 Nianticは、トレーナーによる選挙活動も推奨しています。選ばれてほしいポケモンの魅力を他のトレーナーに伝えるには、Twitterのハッシュタグ「#PokemonGOCommunityDay」が便利です。

 初めての投票を勝ち抜き、大量発生するのは、いったいどのポケモンになるのでしょうか。清き一票といわず、私欲全開の大量投票、推しポケ愛にあふれる組織票などをぜひ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.