ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年01月28日 07時37分 公開

Google、「App Maker」を2021年終了 買収した「AppSheet」への移行を推奨

Googleが、「G Suite」向けオンプレミスアプリ開発ツール「App Maker」を来年1月に完全終了すると発表した。同社はこの発表の数日前、競合するアプリ開発ツール「AppSheet」を買収しており、顧客にはApp MakerからAppSheetへの移行を勧めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月27日(現地時間)、「G Suite」向けWebアプリ開発ツール「App Maker」の提供を終了すると発表した。顧客による対応期間を約1年設け、2021年1月19日に完全に終了する計画。終了の理由は「使用率が低いため」としている。

 appmaker

 App Makerは2016年に公開され、2018年に正式版になった開発ツール。コーディングの知識がなくても簡単なUIで「Google Cloud Platform」で稼働するオンプレミスなWebアプリを開発できるのが特徴だ。

 同社は完全終了までの主なプロセスをサポートページで説明している。1月27日にはアップデートがなくなり、4月15日にApp Makerでのアプリ作成ができなくなる。来年1月19日にアプリが動作しなくなるが、Cloud SQLに保存されたApp Makerのデータは維持される。

 App Makerのアプリをそのまま別のプラットフォームに移行することはできないが、GoogleはCloud SQLに保存したデータを基に、新たなアプリを別のツールで開発する方法を3つ紹介した。データ収集であれば「Googleフォーム」を、シンプルなアプリであれば「Google App Engine」の利用をGoogleは勧める。

 「複雑なビジネスプロセスの自動化にApp Makerを使用する場合」は「AppSheet」の使用を推奨している。AppSheetは、Googleが1月15日に買収したばかりの同名のApp Maker競合アプリメーカーのツールだ。

 appsheet AppSheet買収を発表したブログ

 Googleは買収の際、AppSheetを「アプリ開発を再考するGoogleクラウドの戦略を補完する」ものと位置づけていた。AppSheetもApp Maker同様に、Googleスプレッドシートやフォーム、Android、Googleマップなどを利用するアプリを開発できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.