ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年01月23日 08時50分 公開

Google、「ハングアウト」終了のだいたいのタイムラインを発表

Googleが、コミュニケーションサービス「ハングアウト」終了のタイムラインを発表した。4月16日に一般ユーザーも「無料版「Hangout Chat」が利用できるようになり、10月から段階的にハングアウトが終了していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月22日(現地時間)、企業向けおよび一般向けコミュニケーションサービス「ハングアウト」の終了までのタイムラインを説明した。

 同社は2017年3月にエンタープライズ版「G Suite」のハングアウトをビデオ会議アプリ「Hangouts Meet」とメッセージングアプリ「Hangouts Chat」に分割すると発表し、2018年12月には一般向けG Suiteのハングアウトも「Hangouts Meet」とメッセージングアプリ「Hangouts Chat」に分割すると語った。具体的なタイムラインはまだ発表していなかった。

 hangout 1 一般向けハングアウトアプリ

 ハングアウト終了までのタイムラインとして今回一般向けに発表されたことは以下の通り。なお、「クラシックハングアウト」というのは一般向けハングアウトのことを指す。エンタープライズ向けのタイムラインについては公式ブログを参照のこと。

  • 4月16日:クラシックハングアウト利用可能なG Suiteのドメインで、WebアプリおよびモバイルアプリでHangouts Chatが利用できるようになる
  • 4月〜9月:クラシックハングアウトの多くの機能がHangout Chatに移植される
  • 10月:G Suiteのクラシックハングアウトを段階的に終了する

 クラシックハングアウトが完全に使えなくなる時期はまだ不明。「より詳しいタイムラインは後日発表する」としている。

 ハングアウトのヘルプ(日本語)には、「現在、ChatとMeetは共にG Suiteでのみご利用いただけますが、これから一般ユーザーにもご利用いただけるようにする予定です。従来のハングアウトからChatとMeetに移行する時期についてはまだ公表していませんが、従来のハングアウトをご利用の皆様がChatとMeetに完全に移行するまでは、従来のハングアウトのサポートも継続いたします」とある。

 hangout 2 ヘルプページでの説明

 クラシックハングアウトのすべての機能が無料のChatとMeetでも使えるようになるかどうかは不明だ。Googleは昨年12月の段階で、Googleのコミュニケーションサービスは「一般ユーザー向けではメッセージとDuoに、チームコラボレーションではハングアウトChatとハングアウトMeetに再度フォーカスし、よりシンプルで統合されたコミュニケーション体験を皆さんにお届けしていく」と説明していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.