ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年01月29日 20時22分 公開

ガンダムとJリーグがコラボ 限定ガンプラなど発売へ

アニメ「機動戦士ガンダム」がJリーグとコラボレーション。Jリーグの各クラブをイメージした限定ガンプラなどを発売する予定。

[ITmedia]

 創通とBANDAI SPIRITSは1月29日、アニメ「機動戦士ガンダム 40周年プロジェクト」の一環で、Jリーグとのコラボレーション企画を実施すると発表した。Jリーグの各クラブをイメージした限定ガンプラなどを発売する。

アニメ「機動戦士ガンダム」がJリーグとコラボレーション

 Jリーグのロゴをイメージしたガンプラを2月8日から順次販売する他、各クラブのチームカラーを基にデザインしたガンプラ20種を今春発売する予定。若者で盛り上がるJリーグのイメージを考慮し、21世紀に放送された「機動戦士ガンダム SEED」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」などの作品に登場するガンダムをベースにしたという。

Jリーグのロゴをイメージしたガンプラ

 他にも、作中に登場するペットロボット「ハロ」をサッカーボール仕様にしたプラモデルや、ガンダム仕様にデザインした各クラブのマスコットのTシャツやタオルなども発売する。

ガンダム仕様にデザインした各クラブのマスコット

 創通とBANDAI SPIRITSは、「日本全国にクラブが存在するJリーグとコラボすることで、ガンダムの存在を各地域に深く浸透させたい」としている。

「セレッソ大阪 ガンダムエクシア」と「北海道コンサドーレ札幌 ダブルオーガンダム」
「柏レイソル ダブルオーガンダム」と「鹿島アントラーズ ストライクガンダム」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.