ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年01月30日 08時10分 公開

Facebook、広告堅調で予想を上回る増収増益 北米のMAU増加率は鈍化

Facebookの10〜12月期の決算は、主力の広告収入が堅調で、予想を上回る増収増益だった。北米ではMAU増加率が鈍化したものの、世界でのMAUはほぼ25億人になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが1月29日(現地時間)に発表した第4四半期(10〜12月)の決算は、主力の広告収入が堅調で、売上高は前年同期比25%増の210億820万ドル、純利益は7%増の73億4900万ドル(1株当たり2ドル56セント)だった。営業利益率は前年同期比4ポイント減の42%。

 売上高、1株当たり純利益ともにアナリスト予測(売上高は208億9000万ドル、純利益は2ドル53セント)を上回った。

 fb 1 売上高推移

 MAU(月間アクティブユーザー数)は8%増の24億9800万人。すべての地域で増加したが、北米は100万人増と鈍化した。DAU(日間アクティブユーザー数)は9%増の16万5700万人だった。

 fb 2 地域別DAU推移

 Facebookは同四半期から、「ファミリー製品」と呼ぶFacebook、Instagram、Messenger、WhatsAppの少なくともいずれか1つを任意の1日に利用したユーザーの数を「DAP(Family Daily Active People)」、30日間に利用したユーザーの数を「MAP(Family Monthly Active People)」として報告するようになった。Facebookは「この数字はFacebookコミュニティの実際の規模をより分かりやすく表している」と説明した。DAPは11%増の22億6000万人、MAPは9%増の28億9000万人。

 fb 3 DAP推移

 マーク・ザッカーバーグCEOは発表文で「われわれのコミュニティとビジネスは成長を続けており、好調な四半期だった。互いに関心を持つ人々の繋がりを助けるサービスの構築に今後も注力する」と語った。

 業績発表後の電話会見でザッカーバーグ氏は、難航しているデジタル通貨「Libra Project」について「われわれはLibraと連携するウォレット(Calibraのこと)に取り組んでいる。目的は世界中の決済インフラをより効率的にすることだ。国境を越えた支払いを効率的にすることで、一般の人々や中小企業にも大企業が持つ便利さを提供したい」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.