ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月07日 14時03分 公開

ソニー、8K液晶テレビを国内販売 85V型で200万円、HDMI入力は「次世代ゲーム機に対応」

ソニーが国内では同社初となる8Kテレビを発表した。米国などで2019年に発売した「Z9G」シリーズをベースに、日本の新4K8K衛星放送に対応するチューナーを搭載した。ソニーストアでの販売価格は200万円(税別)。

[ITmedia]

 ソニーは2月7日、8Kチューナーを搭載した8K液晶テレビ「Z9H」(KJ-85Z9H)を日本で発表した。同社が日本市場で販売する初めての8Kテレビ。ソニーストアでの販売価格は200万円(税別)で、3月7日に発売する。

ソニーの8K液晶テレビ「Z9H」(KJ-85Z9H)

 米国などで2019年に発売した「Z9G」シリーズをベースに、日本の新4K8K衛星放送に対応するチューナーを搭載した国内仕様。海外では98V型も販売しているが、日本では85V型のみ。98V型はB2B向けのディスプレイ(チューナーレス)として販売する。

4Kの120fps入力にも対応

 Z9Hは、ブラビアの「MASTER Series」に位置付けられるフラグシップモデル。液晶パネル背面に敷き詰めたLEDモジュールを個々に制御するバックライト技術「Backlight Master Drive」により、ブロックごとに制御する従来のローカルディミング(エリア制御)に比べて細かく制御できる。ただし、LEDモジュールの数は公表していない。

 映像エンジンと呼ばれるテレビ用のプロセッサには「X1 Ultimate」を採用し、映像のアップコンバートや超解像処理を担う「8K X-Reality PRO」と組み合わせた。2K(フルHD)や4Kの番組でも、シーンごとに専用の8Kデータベースを参照して精細感を向上。インターネット動画なども8Kに迫る情報量に引き上げるという。

 オーディオ面では、大画面テレビにありがちな映像と音の不一致感を解消するため、Z9Hでは画面の上下に4つの2Wayスピーカー(ツイーター、ウーファー)を搭載し、信号処理技術を組み合わせて定位感と広がりを向上させた。また手持ちのサラウンドシステムと組み合わせる場合には、テレビの内蔵スピーカーをセンターチャンネルとして利用できるモードも備えている。

画面の上下に2Wayスピーカーを搭載した

 HDMI入力は、8Kに加えて4Kの120fps(毎秒120フレーム)にも対応。「次世代のゲーム機からのHDMI映像入力にも対応している」という。ソニーは、2020年中の市場投入を予定している次世代ゲーム機「PS5」について詳細を公表していないが、8K出力の他に「4K/120fpsゲーミングに対応する」(SIEのジム・ライアン社長兼CEO)といったコメントもある。Z9Hの仕様はそれを裏付けるものといえそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.