ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年02月21日 11時26分 公開

楽天、ハリウッド映画製作を本格化 EC事業とのシナジー狙う

楽天がハリウッド映画製作を本格化。動画配信サービスを強化する他、映画関連グッズの販売によってECサイトを活性化させる狙いがある。

[ITmedia]

 楽天は2月20日、自主製作するハリウッド映画の1作目が決まったと発表した。同社は2019年8月、米国の映画製作・配給会社と合弁会社を設立。同社を通じ、映画製作事業を本格化させ、中核事業のECなどとのシナジーを狙う。

 映画のタイトルは「BEAST」(原題)。無人島でのサバイバル生活を通じて、主人公たちが心の闇や現実に立ち向かう姿を描く。監督は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」などを手掛けたエスペン・サンドベリ氏が担当。「デッドプール」シリーズでヒロインを演じたモリーナ・バッカリン氏が主演する。3月末に撮影を始める予定。

 楽天は19年8月、米国のThe H Collectiveと合弁会社Rakuten H Collective Studioを設立し、ハリウッド映画製作に参入すると発表。オリジナル作品を制作することで、動画配信サービスを強化する他、映画関連グッズの販売によってECサイトの活性化を狙う。

 世界中に配信されるハリウッド映画を製作することで、楽天ブランドの知名度を高める狙いもあるという。

photo 主演のモリーナ・バッカリン氏 ©Robert Ascroft

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.