ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年02月21日 17時50分 公開

東海道新幹線、車内テロップでのニュース配信を終了 全列車に無料Wi-Fi完備、「スマホで読める環境整った」

東海道・山陽・九州新幹線の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」の全列車への導入が、3月30日に完了する。これに伴い東海道新幹線では、車内テロップでのニュース配信を3月14日に終了する。

[ITmedia]
photo 「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカー

 JR東海・JR西日本・JR九州は2月21日、東海道・山陽・九州新幹線車内の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」の全列車への導入が3月30日に完了すると発表した。これに伴い東海道新幹線では、車内テロップでのニュース配信を3月14日に終了する。

 Shinkansen Free Wi-Fiは、3社が2018年7月から導入を進めていた車内Wi-Fiサービス。メールアドレスを登録するかSNSアカウントで認証すれば、誰でも使える。

車内テロップのニュース提供を終了

 東海道新幹線では1985年から車内テロップでのニュース提供を行ってきたが、全列車に無料Wi-Fiを完備したことで、乗客の多くが自身のスマートフォンでニュースを読める環境が整ったと判断し、終了を決めたという。

 通信事業者と契約している乗客向けの「車内公衆無線LANサービス」も、3月31日に終了する。TwitterでShinkansen Free Wi-Fiに対応した列車を知らせるサービスも、2月28日で終了する。

主要駅のホームにも、アクセスポイントを設置

 JR東海は、東海道新幹線の車内だけでなく、全17駅の改札口やコンコース待合室付近でも無料Wi-Fiを提供している。今後はこれに加え、「のぞみ」の停車駅(東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪)と訪日客が多い小田原駅を対象に、2020年3月末までに駅ホーム上にもアクセスポイントを設置する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.