ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年02月25日 07時24分 公開

「Xbox Series X」は12テラフロップスのGPU搭載で「Xbox One X」の2倍の性能

Microsoftが次期ゲーム端末「Xbox Series X」のスペックを発表した。12テラフロップスのGPUを搭載し、「Xbox One X」の2倍の性能を発揮するという。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月24日(現地時間)、ホリデーシーズンに発売する予定の新ゲームコンソール「Xbox Series X」の主なスペックを発表した。AMDのZen 2およびRDNA 2アーキテクチャを採用する独自設計のプロセッサにより、「Xbox One」の4倍の処理能力を持つとしている。

 また、12テラフロップスのGPUを搭載し、「Xbox One X」の2倍、Xbox Oneの8倍以上の性能を発揮するという。

 さらに、GPUサイクルを画面上のすべてのピクセルに均一に費やすのではなく、特定のゲームキャラに優先的に費やす「Variable Rate Shading(VRS)」技術により、従来より安定したフレームレートと高解像度を得られる。

 この他、起動時間短縮のための次世代SSDの採用やクイックレジューム機能の追加、レイテンシー削減のための「Dynamic Latency Input(DLI)」技術などについて説明している。

 xbox

 MicrosoftはE3への参加を予定しており、そこでさらに情報を公開するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.