ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年02月28日 16時52分 公開

新型肺炎、実在しない組織から“注意喚起”装うメール 送り主は「国立感染症予防センター」

国立感染症研究所は、実在しない組織「国立感染症予防センター」を名乗る不審なメールが出回っているとして注意を呼び掛けている。

[谷井将人,ITmedia]

 国立感染症研究所(NIID)は2月26日、新型コロナウイルスの流行を受け、実在しない組織「国立感染症予防センター」を名乗る不審なメールが出回っているとして、メールや添付ファイルを開かないよう注意を呼び掛けている。

photo 国立感染症研究所のWebサイト

 メールには「新型コロナウイルスの感染予防策について」などのタイトルが付けられている。本文に受信者の団体名や個人名が書かれていることから、標的型メール攻撃の一種とみられる。

 本文には「以下通知をご確認いただき、感染予防策についてよろしくお願いします。<対策はこちら>」とあり、<対策はこちら>の部分が不審なURLへのリンクになっているという。

photo 不審メールの例

 NIIDは、「公的なお知らせは全てWebサイトに公開し、メールによる情報提供は行っていない」とし、同研究所や類似の組織を名乗るメールを受け取った際には開かずに削除するよう促している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.