ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年03月08日 06時51分 公開

「iPad Air(第3世代)」で画面が真っ黒になる問題 無償修理プログラム開始

Appleが、2019年3月〜10月に製造した「iPad Air(第3世代)」の無償修理プログラムを開始した。一部の「iPad Air(第3世代)」で画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明したため。

[ITmedia]

 米Appleは3月6日、昨年3月に発売した「iPad Air(第3世代)」を対象とする無償修理プログラムを開始した。「特定の状況下で、一部のiPad Air(第3世代)の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明」したため。

 ipad 1

 問題が確認されているのは、2019年3月〜10月に製造されたiPad Air(第3世代)。画面が真っ黒になる前に、一瞬ちらついたり光ったりすることもある。

 修理手続きは、Appleの正規サービスプロバイダで行うには専用ページにログインの上、iPadのシリアル番号入力などのステップを踏む。Apple Store直営店の場合は別の専用ページから予約する。

 ipad 2 無償修理対象は「iPad Air(第3世代)」のみ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.