ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年03月10日 07時34分 公開

Apple、新型コロナ対策でサポートページ更新「端末を除菌シートで拭いても可」に

新型コロナ感染症が拡大する中、Appleが「Apple製品のお手入れ方法」サポートページを更新し、除菌シートや消毒用アルコールでiPhoneなどの製品の表面を拭いてもいいという項目を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが「Apple製品のお手入れ方法」サポートページを3月9日(現地時間)に更新し、新たに「除菌シートなどで製品の表面をそっと拭いてもいい」という但し書きを追加した。新型コロナウイルスの拡大を反映したものとみられる(本稿執筆現在、日本語版のサポートページはまだ更新されていない。

 変更されたのは以下の赤線を引いた部分。「強く拭かない」「漂白剤は使わない」が本文内に追加され、新たに「Apple製品に消毒剤を使っても大丈夫ですか?」という項目ができた。

 display 1 更新されたサポートページ

 新たな項目には、「70%のイソプロピルアルコールを付けた柔らかい布、あるいは除菌シートで、ディスプレイ、キーボードなど、製品の硬質で穴のない表面をそっと拭くことはできます。漂白剤は使わないでください。穴のある部分に湿気が入らないようにしてください。製品を洗浄剤に浸さないでください。布や革の表面にはこの指示を適用しないでください」とある。

 なお、クリーナーを製品に直接スプレーしたり、研磨剤入りの洗剤などを使ったりしないようにという注意は変わっていない。

 英医療機関Healthcare Infection Societyによると、新型コロナウイルスを含むヒトコロナウイルスはガラス、プラスチック、金属などの表面で最長9日間生存するが、62〜71%のエタノールなどを使った消毒により、1分以内に不活性化できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.