ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年03月11日 12時40分 公開

経産省、LINEなどでオンライン健康相談スタート 感染リスク抑えながら不安を解消

経済産業省は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、LINEなどのチャットサービスを通して医師に健康相談できる窓口を設置した。感染リスクを抑えながら国民の不安解消を狙う。

[谷井将人,ITmedia]

 経済産業省は3月11日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、国民がLINEなどのチャットサービスを通して医師に無料で健康相談できる窓口を設置した。開設期間は31日まで。オンライン化により感染の危険を抑えながら国民の不安解消を狙う。

photo LINEで健康相談を受け付けるLINEヘルスケア

 相談のプラットフォームにはチャットアプリ「LINE」と、遠隔医療相談を手掛けるMediplat(東京都中央区)の「first call」を採用。会員登録をすれば、Webサイトやアプリを通して医師からの医学的なアドバイスが受けられる。診断や薬の処方は行わない。

photo Webサイトで健康相談を受け付けるfirst call

 内閣の新型コロナウイルス感染症対策本部は2月、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表。感染していないか不安という理由で事前に適切な相談をせずに病院などを受診することや、狭い空間に大人数が集まるような場所など感染しやすい環境に行くことは避けるよう求めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.