ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年03月11日 16時06分 公開

孫社長が3年ぶりにTwitter再開 新型コロナ感染拡大を受け、「行動します」と投稿

ソフトバンクグループの孫正義社長が、「久しぶりのツイートです。新型コロナウイルスの状況を心配しています」とTwitterに投稿。2017年2月9日以来、3年ぶりにツイートし、ネットで話題になっている。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)は3月10日、約3年ぶりにTwitterを再開し、「久しぶりのツイートです。新型コロナウイルスの状況を心配しています」と投稿した。投稿直後から多くのユーザーにリツイートされ、Twitterでは「一言話すだけでこの影響力」「期待が持てる」と話題になっている。

 11日には、「行動を開始します」とツイート。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、どのような貢献ができるかを検討し、何らかの活動を行うとみられる。

 孫社長がTwitterに投稿するのは2017年2月9日以来、約3年ぶり。

 一連の投稿を受け、Twitterでは「一言話すだけでこの影響力があるとは」「さすが孫さん、期待が持てます」「日本を、いや世界を救ってください」という声が上がっている。

photo 孫社長のTwitter投稿

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.