ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年03月18日 13時03分 公開

「ポケモンGO」で「ゲノセクト」をいち早く入手できる有料イベント、980円の価値はあるか

ポケモンGOを運営する米Nianticが有料イベント「こせいだいポケモンの謎を解け!」のチケットを発売。価格は980円(税込)。さまざまな特典をショップ価格で比較した。

[本田亜友子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)を運営する米Nianticは3月18日(日本時間)、有料イベント「こせいだいポケモンの謎を解け!」のチケットを発売した。2019年11月に行われた「巨大ポケモンの謎を解け!」(レジギガスイベント)に続き、今回も980円(税込)のチケット代にその価値があるのか考えてみたい。

こせいだいポケモン「ゲノセクト」

 チケットは前回と同様、ゲーム内通貨の「ポケコイン」では購入できず、キャリアのスマホ決済などを利用する必要がある。一方、前回は1日限りだったイベント期間が今回は3月20日(午前8時)から26日(午後10時)までの7日間となり、購入者は好きなタイミングでスペシャルリサーチを進められる。EXレイドのようにプレイする場所に制約があるわけでもない。いわゆる“課金”前提になるが、それ以外のハードルは低い。

 イベントの内容は下記の通り。

  • スペシャルリサーチを達成することで、初実装の「ゲノセクト」にいち早く出会える(4月以降のEXレイドでもゲノセクトは入手可能)
  • 「カイロス」「カブルモ」など、様々なむしタイプやはがねタイプのポケモンが出現、「ゲノセクト」に関係したポケモンも出現
  • 「ツチニン」「ストライク」「エアームド」「タテトプス」に出会える限定フィールドリサーチ
  • 「こせいだいポケモンの謎を解け!」イベントメダル
  • 「ゲノセクト」をテーマにした限定着せ替えアイテム(バックパックやキャップなど)が登場
「ゲノセクト」をテーマにした限定着せ替えアイテム

 イベント限定のスペシャルリサーチを進めると、初実装の「ゲノセクト」をいち早くゲットできる他、「プレミアムバトルパス」5枚、「スーパーふかそうち」3個、「わざマシンスペシャル」3枚、「わざマシン ノーマル」3枚、「おこう」3個、「ほしのかけら」3個、「ポフィン」1個、「ふしぎなアメ」15個、「アイスルアーモジュール」1個が手に入る。

 ショップで販売されているアイテムと比較すると(100ポケコイン=120円で計算)、プレミアムバトルパス5枚で600円、スーパーふかそうち3個で720円、ポフィン120円、アイスルアーモジュール240円、おこう3個(通常の80ポケコインで計算)で240円で合計1920円分になった。また、わざマシンやほしのかけら、ふしぎなアメはショップ内で非売品またはボックス販売のみのため除外したが、普段ポケコインでは購入できないアイテムが確実に入手できる機会となる。

 参加チケットは3月26日の午後8時まで購入できるため、開始後にネットの評判をチェックしてから判断しても遅くはない。ただし、3月20日から23日には並行して「謎めいたウィークエンドイベント」があり、ポケモンを捕まえた時や、タマゴをかえした時にもらえるほしのすなが2倍になる他、色違いが初実装の「ツチニン」が5kmタマゴから生まれる(野生でも出現)。ここでほしのかけらやスーパーふかそうちを使いたい人は、早めに決断することになりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.