ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
速報
» 2020年04月01日 06時44分 公開

野口聡一飛行士、SpaceXが年内打ち上げ予定の「Crew Dragon」に搭乗決定

NASAとSpaceXが年内にISSに向けて打ち上げる予定の宇宙船「Crew Dragon」初号機に、日本の飛行士、野口聡一さんの搭乗が決まった。3人の米国人飛行士と共にNASAケネディ宇宙センターから「Falcon 9」ロケットで打ち上げられ、6カ月のISS滞在に向かう予定。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は3月31日(現地時間)、米SpaceXの有人宇宙船「Crew Dragon」の運用初号機に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一氏(54)が搭乗すると発表した。Crew Dragonは年内に国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げる予定だ。


 JAXAは同日、野口氏がCrew Dragon搭乗に向けた訓練を開始したと発表した。Cerw Dragon初号機には、野口氏と共にNASAの宇宙飛行士、シャノン・ウォーカー氏、マイケル・ホプキンス氏、ビクター・グラバー氏が搭乗する。

 jaxa 左から、シャノン・ウォーカー氏、マイケル・ホプキンス氏、野口聡一氏、ビクター・グラバー氏(出典:JAXA/NASA)

 SpaceXのイーロン・マスクCEOは1月、Crew Dragonの打ち上げ脱出システムテストが成功した際、第2四半期の打ち上げを目指すと語ったが、NASAの発表文では「targeted for later this year」となっている。

 crewdragon 「Crew Dragon」(出典:SpaceX)

 Crew Dragonは、NASAケネディ宇宙センターから「Falcon 9」ロケットで打ち上げられる予定だ。

 NASAとSpaceXは2015年、ISSへの宇宙飛行士の商業輸送契約を交わした。NASAは現在、宇宙飛行士の輸送をロシア連邦宇宙局のソユーズ宇宙船に依存しているが、米企業の宇宙船が使えるようになれば、大幅なコスト削減につながる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.