ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年04月15日 16時30分 公開

GarminのスマートウォッチでSuica決済が可能に Android/iOS対応

Garminブランドのスマートウォッチが交通系ICカード「Suica」に対応する。販売中の一部モデルで、5月下旬以降に利用できるようになる。

[井上輝一,ITmedia]

 ガーミンジャパンと東日本旅客鉄道(JR東日本)は4月15日、Garminブランドのスマートウォッチで交通系ICカード「Suica」を使った決済ができるようになると発表した。販売中の一部モデルで、5月下旬以降に対応予定。

GarminのスマートウォッチがSuica決済に対応

 利用にはAndroidスマートフォンもしくはiPhoneとのペアリングが必要。スマートウォッチ用にSuicaを発行し、Garminの専用アプリからGoogleの支払いサービス「Google Pay」を使って残高をチャージすることで支払えるようになる。Suicaの定期券は利用できない。

GarminアプリのUIGarminアプリのUI Garmin専用アプリ(Garmin Connect Mobile)のユーザーインタフェース

 対応予定のモデルは、「vivoactive 4/4S」「venu」「fenix 6」など10機種で、価格のレンジは2万8000〜16万3000円(税別)。

 Garminのスマートウォッチの一部は以前から非接触型決済の「Garmin Pay」を搭載している。日本では、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行が発行するVISAカードを登録することでVISAのタッチ決済を行える。

 Suica対応予定モデルの中で最も廉価な「vivomove 3/3S」は、タッチディスプレイや心拍センサー、気圧センサー、加速度センサーなどを搭載し、通知機能や歩数・睡眠などのライフログ機能、フィットネス機能などを備えている。バッテリー駆動時間は最大4日間(Smartモード時)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.