ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年04月16日 03時20分 公開

新「iPhone SE」は歴代最安 旧SEやiPhone 8との違いは? 比較まとめ(1/3 ページ)

米Appleは4月16日(日本時間)、iPhoneの新モデル「iPhone SE」(第2世代)を発表した。歴代で最も安かった旧「iPhone SE」を下回る価格で、歴代最安モデルとなる。旧SEやiPhone 8と比べながら注目ポイントを紹介。

[井上輝一,ITmedia]

 米Appleは4月16日(日本時間)、iPhoneの新モデル「iPhone SE」(第2世代)を発表した。日本などで17日から予約を受け付け、24日に発売する。2016年3月に発表した「iPhone SE」の後継機種で、「iPhone 8」とほぼ同じ筐体を採用した。旧iPhone SEやiPhone 8と比べながら、注目ポイントを紹介していく。

「iPhone SE」(第2世代)

体は“8”、頭は“11”、旧SEの面影はなし

ハードウェアはほぼ“8”

 第2世代iPhone SE(以降、新SEと書く)のスペックを見てみると、見た目やサイズなど、チップセット以外のハードウェアがほとんどiPhone 8と同じであることに気付く。筐体サイズと重量は全く同じで、画面サイズも同じ4.7インチ。1334×750ピクセルのIPS液晶ディスプレイを採用し、生体認証はTouch ID、防水性能はIP67(水深1mで最大30分間浸水しない)というのも全く同じだ。

Appleの比較ページより 見た目には全く変わらない

 ストレージを見ていくと、iPhone 8は当初64GBと256GBの2モデルを用意した後に、256GBモデルを終了し、代わりに128GBモデルを販売したが、新SEでは初めから64GB、128GB、256GBの3モデルを用意した。

 カメラ性能もハードウェア面はiPhone 8とほぼ同じといえそうだ。アウトカメラは1200万画素/F1.8の単眼仕様。インカメラは700万画素/F2.2。

 バッテリー駆動時間は「iPhone 8とほぼ同じ」(Apple)としている。ただ、携帯電話のバッテリー駆動時間の目安は連続通話時間が指標の一つとして使われるのが一般的だが、Appleは新SEの連続通話時間を公表していない。ビデオ再生(最大13時間)やオーディオ再生(最大40時間)など2機種で変わらない項目もあるが、項目名が正確に同じではないため、スペック表からの比較は難しい。

 筐体のカラーは一新しており、iPhone 8や旧SEとも異なるブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3色を用意した。いずれのカラーも、フロントパネルは全てブラックに統一している。

新SEとiPhone 8のスペック比較表 全く同じものを青色、ほぼ同じものを緑色、異なるものを赤色で着色している

チップセットは「iPhone 11」と同じ「A13 Bionic」

 新SEとiPhone 8で決定的に異なるのはチップセットだ。新SEは19年9月に発表されたフラグシップモデル「iPhone 11」シリーズと同じ「A13 Bionic」を搭載している。このため、処理速度や通信面がアップデートされた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.