ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月27日 19時01分 公開

FacebookのZoom対抗「Rooms」、日本の一部ユーザーにもテストで降臨

FacebookのZoom対抗ビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」が日本でも一部ユーザーが利用できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが4月24日に発表したビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」(以下「Rooms」)が、本稿筆者を含む一部のユーザーの間でデスクトップで使えるようになった。同社広報に確認したところ、まだテスト段階とのことだが、会議の開始方法などが分かったので簡単に紹介しておく。

 なお、RoomsはFacebook Messengerアプリからも開始できる予定だが、筆者のアカウントではアプリにはまだRoomsの機能がきていない。

 Roomsが使えるようになると、Webブラウザの場合、左カラムの「Messenger」をクリックすると表示されるページの左上、「設定」(歯車アイコン)と「新しいメッセージ」(ペンと紙アイコン)の間に「新規ルーム」(ビデオカメラアイコン)が追加される。

 rooms 1

 これをクリックすると一意のリンクが生成され、「○○さんのルーム」が開く。

 rooms 2

 ルームに入室すると、画面の下部にZoomと同じようなアイコンが並ぶので、Zoomユーザーであれば各アイコンの機能がすぐに分かるだろう。左から2番目のアイコンをクリックするとユーザーを招待できる。コピーしたリンクをMessengerやメールで送れば、相手がFacebookユーザーでなくても招待可能だ。

 rooms 3

 招待ウィンドウにルームをロックするアイコンが分かりやすく表示されるので、Zoombombing(Roombombing?)回避がしやすそうだ。

 rooms 4

 公式発表では、Messenger Roomsは「一部の国で今週から提供が開始され、米国を含め、他の国々にも今後数週間で拡大されます」となっており、日本で正式にロールアウトするタイミングはまだ不明だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.