ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年05月07日 08時50分 公開

Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売

MicrosoftがSurfaceブランドのノートPCやイヤフォン、ヘッドフォンなどの新モデルを発表。新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催しなかったが、ほとんどの製品は5月あるいは6月に日本でも発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月6日(現地時間)、SurfaceブランドのPCやイヤフォンなど、6つの新ハードウェアを発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で昨年10月の「Surface Event」のような発表イベントは開催せず、公式ブログでの発表のみだ。ほとんどの製品が既に日本の公式オンラインストアで予約受付中だ。

 発表されたのは、ハイブリッドPCの「Surface Go 2」と「Surface Book 3」、無線ヘッドフォン「Surface Headphones 2」、無線イヤフォン「Surface Earbuds」、ドッキングステーション「Surface Dock 2」、USBハブ「Microsoft USB-C Travel Hub」。簡単に紹介していく。

 surface 1

シリーズ最薄最軽量の「Surface Go 2」は税込6万5780円から

 「Surface Go 2」は、2018年7月発表の「Surface Go」の後継モデル。サイズと重さは初代と同じ(サイズは245×175×8.3mm、重さはWi-Fiモデルが544g、LTEモデルは553g)まま、ディスプレイが10インチから10.5インチに広がり、CPUが米Intelの第8世代Core m3にアップグレード(下位モデルはPentium Gold 4425Y)。バッテリー持続時間は9時間から10時間に延びた。

 go 1 「Surface Go 2」(タイプカバーキーボードは別売)

 Surface Penとタイプカバーは別売で、カバーの色はブラック、プラチナ、ポピーレッド、アイスブルーの4色。

 go 2 タイプカバー。先代と同じ4色展開だが、ポピーレッドとアイスブルーは新色

 日本での発売は米国と同じ12日。Microsoftの公式オンラインストアなどで予約が可能だ。価格は6万5780円(税込、以下同)から。先代同様「Office Home and Business」が付属する。タイプカバーはブラックが1万2980円、他の色は1万6940円。


2in1ノートPC「Surface Book 3」はメモリ32GBも

 2in1ノートの「Surface Book 3」は2017年10月発表の「Surface Book 2」の後継モデル。13.5インチと15インチの2サイズあるのは先代と同じ。15インチモデルは先代と同じサイズと従業だが、13.5インチモデルはわずかに大きく、重くなった(サイズは312×251×15〜23mm、重さは1.534〜1.642kg)。

 book 1 「Surface Book 3」もマッスルワイヤ採用の独自ヒンジ

 CPUは第10世代Core(i5かi7)、15インチモデルのGPUは米NVIDIAのGeForce GTXあるいはQuadro RTX、13.5インチモデルはIntelのIris Plus。先代より性能は75%向上し、バッテリー持続時間は30分延びて17.5時間となっている。

 メモリが先代は8GBか16GBしか選べなかったが、32GBも可能になった。SSDは256GB〜1TB。

 日本の公式オンラインストアでの販売価格は、13.5インチモデルが20万9880円から、15インチモデルは29万230円から。発売は6月5日。


「Surface Headphones 2」

 アクティブノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドフォン「Surface Headphones 2」は、2018年10月発表の「Surface Headphones」の後継モデル。先代より音質とバッテリー持続時間を改善し、最大20時間連続で使えるようになった。また、イヤーカップが180度回転するようになった。カラーはライトグレーとブラックの2色。

 headphones 「Surface Headphones 2」

 日本ではMicrosoftのオンラインストアなどで6月5日発売。価格は3万2428円。

 headphones 2 イヤカップが180度回転する

ようやく発売の「Surface Earbuds」

 「Surface Earbuds」は昨年10月に発表したBluetooth接続の無線イヤフォン。昨年のホリデーシーズン発売の予定だったが、ようやく発売になる。日本ではMicrosoftのオンラインストアなどで5月12日に発売。価格は2万3980円だ。

 buds

 ノイズリダクション機能を搭載する左右完全独立型の無線イヤフォン。iPhoneおよびAndroidスマートフォンとペアリングすると、イヤフォン本体の表面をタップ、スワイプしてアプリを操作できる機能を備える。

 buds 2

 付属の充電ケースで1回の充電で約8時間使えるとしている。充電ケース自体を1回充電すれば、Earbudsを3回までフル充電できる。


USB Type-Cポートが増えた「Surface Dock 2」

 「Surface Dock 2」は2015年10月発表の「Surface Dock」の後継モデル。「Surface Connect」経由でSurface端末にディスプレイやストレージなどを接続する“ドッキングステーション”だ。こちらは今のところ公式ストアには登場していない。米国での販売価格は259.99ドル。

 ポートは、Surfaceのロゴが刻印されている表側(下画像左)にUSB Type-C×2、裏側(下画像右)の左から、電源アダプター、ギガビットEthernet、オーディオ出力、USB Type-C×2、USB Type-A×2という構成だ。

 dock 「Surface Dock 2」

「Microsoft USB-C Travel Hub」

 「Microsoft USB-C Travel Hub」は名称通り、出張などの旅行向けのUSBハブ。画像もポート数などの詳細もないが、価格は99.99ドル。

 この他、89.99ドルの「Microsoft Ergonomic Desktop」と59.99ドルの「Microsoft Bluetooth Desktop」も発表された。

 keyboards 「Microsoft Bluetooth Desktop」(左)と「Microsoft Ergonomic Desktop」

 パノス・パネイCPO(最高製品責任者)は自身のTwitterアカウントで、自宅から「こんな状況で直接皆さんにSurface製品を紹介することはできないが、これらの製品が皆さんの日常を持続させることに役立ち、皆さんに愛されることを望んでいます」という動画メッセージを発信した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.