ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月26日 17時32分 公開

メルカリ、自動車SNS「CARTUNE」運営企業をイードに売却 「当初の事業計画と乖離」

メルカリが、自動車ファン向けSNS「CARTUNE」を運営する子会社マイケルを、自動車ニュースメディア「レスポンス」などを運営するイードに売却すると発表した。譲渡価額は約8600万円。「当初の事業計画から乖離(かいり)があったため」と説明している。

[ITmedia]

 メルカリは5月26日、自動車ファン向けSNS「CARTUNE」を運営する子会社マイケルの全株式を、自動車ニュースメディア「レスポンス」などを運営するイードに約8600万円で売却すると発表した。理由は「当初の事業計画から乖離(かいり)が生じたため」。株式譲渡は6月30日に行う予定。

 メルカリは2018年11月にマイケルを約15億円で完全子会社化。CARTUNEのユーザー基盤や運営ノウハウを生かし、フリマアプリ「メルカリ」での自動車部品などの流通量増加を見込んでいた。

photo メルカリが自動車ファン向けSNS「CARTUNE」運営元をイードに約8600万円で売却

 しかし、想定通りの効果は得られなかったとみられ、メルカリは「CARTUNEが持つアセットを活用した事業モデルを検討した結果、自社の市場とは切り離した事業で収益を上げるべきと判断した」と説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.