ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月02日 16時45分 公開

PayPay、オンライン診療の支払いに対応 画面越しにQRコードを提示して決済

PayPayが医療機関や薬局での支払いに対応した。オンラインでの診療や服薬指導の際に、ビデオ会議の画面越しに提示したQRコードを患者側が読み取ることで診察料や処方箋料を支払える。

[谷井将人,ITmedia]

 PayPayは6月1日、スマートフォン決済サービス「PayPay」が医療機関や薬局での支払いに対応したと発表した。オンラインでの診療や服薬指導の際に、ビデオ会議の画面越しに提示したQRコードを患者側が読み取ることで診察料や処方箋料を支払える。

photo

 PayPayは加盟の医療機関などにオンライン診療専用のQRコードを発行。加盟店は診療や指導の後、PCやスマートフォンの画面上でQRコードを提示。利用者はPayPyアプリでQRコードを読み込み、支払い金額などを互いに確認して、正しければ支払いを行う。

photo

 オンライン診療は新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための特別措置として、すでに解禁している再診に加え、初診も4月に一時的に解禁された。オンライン決済の導入ハードルを下げることでオンライン診療の普及に貢献したい考え。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.