ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月11日 15時56分 公開

ファン付き「クールウェア」、アイリスオーヤマが発売 サーキュレーターの設計技術を投入

アイリスオーヤマがサーキュレーターの設計技術を生かしたファン付きの「クールウェア」を発売する。

[ITmedia]

 アイリスオーヤマは6月11日、熱中症対策として2つのファンを取り付けた「クールウェア」を発表した。長袖タイプと袖のないベストタイプがあり、屋外での作業やアウトドアレジャーなどで活躍するという。価格は1万800円から。6月15日に発売する。

ファンが目立ちにくい配色にした「クールウェア」

 両脇の下、腰に近い部分に設けたファンで外気を取り入れて体を冷やす。ファンには累計700万台以上を販売(2020年7月時点)したアイリスオーヤマのサーキュレーター設計技術を取り入れ、9枚の羽根で1枚当たりの動作音を抑制。厚みを34mmに抑えつつ、静音性と大風量を両立させたとしている。

サーキュレーター設計技術を取り入れて開発したファン

 ウェアはポリエステル製で、ファンが目立ちにくい配色とした。バッテリーやファンが別売になる上位モデル「PRO」シリーズは、背中に裏メッシュ構造を採用してより効率良く風が通るという。

 風量の調節は4段階。最も弱い風量1ではバッテリーで最長約35時間動作する(PRO仕様)。バッテリーはウェアの内側にあるポケットに収納できる。

クールウェアの仕様と価格

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.