ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年06月12日 11時52分 公開

「Twitter魚拓」登場 ツイートを画像で保存、誹謗中傷の証拠保全などに

Twitterの投稿を指定すると、そのツイートを画像化して保存できるサービス「Twitter魚拓」が登場した。誰でも使えるサービスで、ログインやTwitter連携なども不要だ。「誹謗中傷の証拠保全などに使ってほしい」。

[岡田有花,ITmedia]

 Twitterの投稿を指定すると、そのツイートを画像化して保存できるサービス「Twitter魚拓」が登場した。誰でも無料で使えるサービスで、ログインやTwitter連携なども不要だ。開発した個人開発者の矢野さとるさんは、「誹謗中傷の証拠保全などに使ってほしい」と話している。

画像 Twitter魚拓
画像 URLを入力し、確認画面で「はい」をタップ
画像 画像化には少し時間がかかる
画像 画像化が完了
画像 画像化したツイートを一覧でチェック

 保存したいツイートのURLをコピー&ペーストして「魚拓する」を押し、確認画面で「はい」をタップすると、ツイートを画像キャプチャし、画像共有サービス「Imgur」にアップロードする。保存した画像はImgurで確認したり、端末にダウンロードできる他、Webブラウザから一覧でチェックすることも可能だ。

 Twitterでの誹謗中傷が問題になる中、誹謗中傷ログを保存するサービスを弁護士集団が著名人向けに提供(現在はサービス休止中)したことが話題になった。矢野さんはこのサービスを見て「有名人だけでなく、誰でも使えるサービスにすれば便利そう」と考え、Twitter魚拓を開発したという。

 矢野さんは、匿名掲示板サービス「おーぷん2ちゃんねる」などを開発・運営する個人開発者。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.