ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年06月17日 20時40分 公開

兵庫県、「Surface Go 2」「Office 365」を県立学校に大規模導入 渋谷区に続き2例目

兵庫県教育委員会が、1万6000台の「Surface Go 2」を県立高校に導入し、9月から利用を始める。全生徒に「Office 365」のライセンスも付与する。「Microsoft Teams」などを活用し、遠隔学習の仕組みを整える。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは6月17日、兵庫県教育委員会が県立高校の学習用端末として1万6000台の「Surface Go 2」を導入し、9月から利用すると発表した。これに合わせて、全生徒に「Office 365」のライセンスを付与する。

 自治体が学習用端末としてSurface Go 2とOffice 365を導入するのは、5月の東京都渋谷区に続いて2例目。渋谷区は区立小中学校向けに取り入れているため、これらを高校生の学習用に導入する自治体は兵庫県が初。

photo 兵庫県、1万6000台の「Surface Go 2」を県立高校の学習用端末として導入

 兵庫県は今後、ビデオ会議ツール「Microsoft Teams」などを用いて遠隔学習の仕組みを整え、新型コロナウイルス感染症の影響が懸念される中でも、生徒が学習を続けられるよう支援するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.